読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考が静止する日

ご覧いただきありがとうございます。ヒロです。
 
色々な人の世界旅行の本やブログ等を見てきました。
「楽しそうだなぁ、旅では色々な苦労やトラブルもあるのだなぁ」
と思っていましたが、その中で出発前の苦労について書かれている記事が
意外と少ない事に気付きました。
 
私も世界一周旅行を目指して、色々と動き出しているところなのですが、
いざ自分が出発を決めるとなると、大きなハードルがある事に気付きました。
それは自分自身の心です。
 
頭の中でこんな事が渦巻きます。
こんな馬鹿げた計画、本当に実行していいのか。
仕事を投げ出してまで行く価値があるのか。
あえてこんな苦労をするぐらいなら、このままの日常を続けたほうが
楽でいいじゃないか。
旅行から帰ってきた後、本当に元の生活に戻れるのか。
こんなふざけたやつ、雇ってくれるところなんてあるのだろうか。
 
そして一番の葛藤はこんな事でした。
会社を辞めるとなると、きっと社長と揉めるだろうなぁ。
(うちは非常に小さい会社なので、上司がいきなり社長なのです)
色々と言われたり、理由を聞かれたりするのだろうな。
本当の理由なんて言えるはずもないし、どうしよう。
 
こんな事をここ1か月間考え続けてきました。
最後は夜寝付けないという日々が続き、体調まで悪くなってきました。
きっとこんな事は考えたら負けなのでしょう。
何故なら考えたところで答えがあるわけないからです。
 
しかし行動しなければ進まないと思い、悩んだ末
一大決心をし、先日社長に退社する旨を伝えたのです。
本当の退社理由など言えるはずもなく、しかし
理由を言わないとYESと言ってくれないだろうと考え、
色々と考えと練った末の退社理由を述べました。
 
そして戦いの火ぶたは落とされました。
脅し透かし宥め泣きつき、その攻防は3時間近くに及びました。
そして・・・粘りに粘られた末、こちらの気力が底をつきました。
業務の引き継ぎが付けられるまでいて欲しいという内容で合意せざるを
得なくなったのです。
正直こんなのは建前でしょう。そんなものいつになるのか分かりません。
下手すると数年後かもしれません。
法律的には退社を伝えてせいぜい1,2か月で辞める権利がある事は知っています。
しかし、あの瞬間これが私の精一杯でした。
そんな理由で反論する気力もなく(話は既にそんな事を問題にする段階でもなく)、
あれだけ決意したはずの私の意思は、社長の意思の強さに負けたのです。
戦いはわが軍の敗北で終わりました。
 
これで世界一周旅行の夢が遠のきました。
正直数年後まで私のこの気力が持つか分かりません。
そして肉体的も(この件はいつか書くかもしれません)。
しかしまだ私は諦めません。
いつかきっと出発してみせます!
 
・・・と威勢よく書きましたが、仕事へのモチベーションはガタ落ちになりました。
まぁ、やることはやるつもりですけどね。。。
 
退社の意思を伝えられただけでも大進歩です。
これが言えなくて1か月経ってしまいましたからね。
少しだけすっきりしました。
 
最後は愚痴になってしまいました。
世界一周旅行の計画自体は進めていくつもりですので、
よろしくお願いします。
ではでは~